時代の斜めうしろ

Nice Samurai!

(2010年8月17日 22:37)

前に非オタの友人Sと「シンケンジャー」の話になり、「サムライだけぢやなく『スシ』(シンケンゴールド)や『ゲイシャ』(薄皮太夫)もゐるんだぜ」とぼくがいつたら、「『フジヤマ』は?」と聞かれ、「レッドが使ふ大劔(烈火大斬刀)に富士山が噴火してる繪が描いてあつたな」と答へたんだけど、「モヂカラ大弾円」でサムライハオーが「全」の字の頂にゐるのが「フジヤマ」ぢやないか?

トラックバック(0)

『AtoZ 運命のガイアメモリ』見てきた

(2010年8月16日 22:26)

公式サイト アクセル! キー! バード! 須藤元気のトリツキーさはたしかにルナに適當だけど、オカマ…嫌ひぢやないわ!

トラックバック(0)

諸君、私は戦争が好きだ

(2010年8月15日 23:00)

實際、好きなんだらうね。

武器や兵器は好きだし、戰術や戰史も好きだし。

「やりたい」とはぼくは思はないけど、昔人の嫌がる軍隊に志願で出てくる馬鹿もゐるなんて歌もあつたし、日本人でも、傭兵になつて戰場に出るのもゐる。

先日圖書館に行つたら『せかいでいちばんつよい国』といふ繪本があつた。

あらすじは…

せかいでいちばんつよい國があつて、國民や大統領は「つよい國の國民である自分たちが世界で一番幸福であり、世界が全てつよい國になることが世界の幸福である」と信じ、他の國を次々に征服する。なにしろ「せかいでいちばんつよい國」なので、抵抗空しく併合されてしまふ。最後に殘つたのは小さな國。いつでもとれるからうつちやつてゐたのだが、殘しておいては世界征服が完遂しない。しかし小さな國は非武装だつたのでつよい國の軍隊は無血で進駐する。それどころか、小さな國の國民にあたたかく迎えられ、兵士と仲良くなり…

といふおはなし。實は作戰で、つよい國の兵士が油斷したところをグサリと…といふオチではない。

タイトルにつられて讀んでみたが、正直「甘い」と思つてしまつた。現實の「世界で一番強い國」が過去の日本も含め世界で何をしてきたか、現状何をしてゐるかを考へると、こんな明るい結末は無いだらうと。

現實の「世界で一番強い國」はたとひ相手が眞實非武裝であつたとしても、「武器を隱してゐる」とかでつちあげて攻撃するだらう。「誤爆」も「接収」もしない「つよい國」の軍隊は人道的すぎる。

現實の「強い國」は「つよい國」ほど常勝不敗でもないし。

とはいへぼくなどは「甘い」と思ふけど、教条的に「平和」を押し附けてゐるよりは、皮肉も效いてて面白い。

作者は『ぞうのエルマー』が有名なデビツト・マツキー。イギリス人ださうで、たしかにアメリカ人では書けなささうだ。ほかにも戰爭はなぜ起こるのかを子どもにも分かりやすく描いた『六にんの男たち』といふ繪本も描いてゐる。

Twitter / 千坂恭二

日本の戦争は単独行為ではなく、日独伊の枢軸戦線のアジアでの一翼として展開されたことの思想的意味を把握すべきだろう。つまりナチス・ドイツの戦争には批判的で日本の戦争だけを防衛的なものとして肯定する立場は、姑息な泣き言にほかならない。

野嵜さんも書いてるんだけど、第二次大戰は後の「自由主義對共産主義」の東西冷戰のやうに、「帝國主義對自由主義」の戰ひではない。連合國、米英佛も植民地を持つてゐたのだし。

強いて言へば「帝國主義の先進國對後進國」といふ圖式にこじつけられなくはないが。

もう1點、第一次大戰ではドイツが日英の共通の敵であつたのだ。三國同盟は主義や思想ではなく政治の結果でしかない。だから第三帝國の戰爭は批判し、大日本帝國の戰爭は肯定する、といふのは矛盾ではない。

もつともぼくは第三帝國も否定はしないが。ヒトラーの出現は歴史の必然だと思ふ。

メモ。

Twitter / Seiichi Mizuno

神社本庁の「靖国神社の諸問題への見解」を読むと、我々の多くの疑問に答えてくれる。http://bit.ly/9HCXda そもそも神道で分詞という考え方はおかしいこと。東京裁判が、法根拠無き裁判だったこと。首相は多くの戦死者のために堂々と参拝すべき事など。

Twitter / Seiichi Mizuno

(続き)「A級戦犯」とされた方々のみを御神座から「分離」するという意味での「分祀」はあり得ないとする靖国神社の見解は当然である。神社本庁は、靖国神社をめぐり、神社の尊厳に直接関はる御祭神の問題までが政治やマスコミの場で軽々に議論されていることに対して、遺憾の意を表明する。

Twitter / Seiichi Mizuno

靖国神社は神社本庁に属さない独立系の神社だが、神社本庁のこの見解は立派なものである。戦争自体が如何に不幸な愚行であったにせよ、古来よりあらゆる国で戦争は繰り返された人類が共有する業の歴史であり、中国や韓国にその死者の祀り方に対して口出しされるべきものではない。

トラックバック(0)

日本人が最も信心深くなる數日間

(2010年8月13日 22:28)

お盆は佛教。正月は神道。

トラックバック(0)

これはひどい

(2010年8月12日 18:43)

「これはひどい」つてタグを付けてるユーザは、自分たちは「ひどくない」と思つてるんだらうか。

トラックバック(0)

「けいおん」のスルーされつぷり

(2010年8月 6日 22:00)

「アリエッティ」の主題歌、發音が獨特だな、と思つてたら今日のMステを見たら外人だつたのか。ところで「ポニョ」はポニョの聲も大橋のぞみちやんがやつてると思つてる人は多いんだらうな。

トラックバック(0)

大罪

(2010年8月 5日 23:22)

全知全能の神に逆らふとは、なんといふ惡人だ。

トラックバック(0)

無知無能

(2010年7月30日 20:20)

「全知全能の神とやらがゐるなら、自分に逆らう人間を作つてみろ。作れないなら全知全能ぢやないし、逆らはれたらやつぱり全知全能ぢやないぢやないか」人間の尺度で計れたら「神」とはいはないよ。闇黒日記;平成二十二年七月三十日

トラックバック(0)

プロ野球日本代表が「サムライジャパン」なら

(2010年7月30日 20:10)

大學野球代表は「若黨ジャパン」? 「パナソニック第5回世界大学野球選手権大会」

トラックバック(0)

NO FEAR

(2010年7月27日 23:46)

新潟縣立自然科學館でやつてる「お化け屋敷で科学する!〜恐怖の実験〜 in新潟」を友人と見に行きました。

博物館でお化け屋敷? となんかミスマツチですが、會場には設へてあつたお化け屋敷は、さすがにちやちいのですが、それでもなかなか怖く驚かされます。

それにしても、ぼくらの後に入つてきた小學生の團體が、「ごめんなさいごめんなさい」と繰り返しながら進んでたのですが、結構お化け屋敷でいつてしまふ人は多い氣がするけど、なんで「ごめんなさい」といふのだらう。自分で怖い目を見たくて入つてるのに、誰に謝つてるんだ。

でわーきやーとその子たちがぼくらを追い越してしまつたので、追い越すタイミングで「わーつ」と脅かしたらさらに「ごめんなさいごめんなさい」いひながら逃げてつた。友人にもいはれたが、惡いことしたなあ。

トラックバック(0)

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
最近のブログ記事
『シン・ゴジラ』メモその2【ネタバレあり】
狂言『しんごじら』【ネタバレあり】
『シン・ゴジラ』メモ【ネタバレあり】
pixivに投稿しました 「水着」
メルトダウン
『叛逆の物語』のほむらに惚れた
ほむらとグリフィス(ベルセルクの)
叛逆の小話「まどか☆マギカ〈完結編〉」
「暁美ほむら」と云ふ名前
君が笑つてくれるなら ぼくは惡にでもなる
最近のコメント
佐藤 俊: わかりました、頑張り… 「正かな同人誌」
野嵜: 意識の問題なので、讀… 「正かな同人誌」
塗炭: かふしさんへ。 私は… 「K-POP結構好きだつたりする」
佐藤 俊: N爺さんの投稿があつ… 「K-POP結構好きだつたりする」
佐藤 俊: N爺さんは投稿をご遠… 「K-POP結構好きだつたりする」
かふし: どうも、此方では初め… 「K-POP結構好きだつたりする」
野嵜: それにしても、喜六郎… 「K-POP結構好きだつたりする」
野嵜: と言ふか、N爺くんは… 「K-POP結構好きだつたりする」
野嵜: 瑣末な部分にしか反應… 「K-POP結構好きだつたりする」
塗炭: おまけ。「どちらでも… 「K-POP結構好きだつたりする」
月別ログ
2016年8月 (1)
2016年7月 (2)
2015年7月 (1)
2013年11月 (6)
2012年11月 (1)
2012年8月 (2)
2012年1月 (1)
2011年11月 (1)
2011年10月 (3)
2011年9月 (2)
2011年8月 (9)
2011年7月 (3)
2011年6月 (8)
2011年5月 (1)
2011年3月 (1)
2010年12月 (11)
2010年11月 (13)
2010年10月 (7)
2010年9月 (2)
2010年8月 (12)
2010年7月 (18)
2010年6月 (11)
2010年5月 (12)
2010年4月 (19)
2010年3月 (22)
2010年2月 (10)
2010年1月 (9)
2009年12月 (8)
2009年11月 (8)
2009年10月 (4)
2009年9月 (13)
2009年8月 (5)
2009年1月 (1)
カテゴリ
ささやき (43)
アニメ (20)
イラスト (10)
ブツクマーク (2)
ブログ (76)
マンガ (12)
日本語 (10)
正字正かな (16)
映畫 (25)
本 (6)
特撮 (19)
食 (9)
ラーメン (17)
ラーメン;インスタント (4)
ラーメン;店 (12)
タグクラウド
購読する このブログを購読
舊サイトトツプ